きのこ狩り*完成*

c0234226_11583756.jpg


"夏もなかばを過ぎかけてくると、いよいよ気持ちが昂ぶって、
窓の外をしょっちゅう眺める。色づきはじめた林、いや、路傍の草むらにも、
きのこのささやきを感じ取る。すると、もういけない。
目的地に急ぐ途中でも、彼らは車を停め、三〇分だけ、と自分に言い訳し、
中腰になり、草むら、そして林のなかへと分け入っていく。"

                 ~黒川創 『チェーホフの学校』より~






c0234226_11584981.jpg


どうりで、"狩り" というわりには足を出して軽装だと思ったんです
そんな感じなんだきっと^^

向かい合った男性二人に気持ちの昂ぶりが感じられます



冬が長い地域の人にとって、暖かい太陽の光を蓄えた植物は..
言わずもがな、、ですね


ただ、先の文章はロシアの話でショッキングなことに、こう続きます



"きのこは、よく洗い、二パーセントの塩水に数時間さらす。
一キログラムあたり二万八〇〇〇ベクレルの放射能が検出されたきのこも、
三度にわたってきれいな塩水に替えながら、
計二〇時間さらすと、放射能は一〇分の一まで減らすことができたという。
(略)ただし、子どもは、絶対、こんなきのこを食べてはいけない。
おとなは、自分で決めればよい。"




ものすごく究極で考えたら、お金より食べられるきのこが欲しい
このシンプルなことだけ忘れなければいろいろ見極められそうな気がします






図案:『デンマークのクロスステッチ Ⅲ 四季のくらしと窓辺の花』 文化出版局
[PR]
by nokio_xxx | 2013-07-10 12:58

デンマークフレメや、ヨーロッパ、アメリカの古いクロスステッチが好きです。作品の製作過程や完成品を記録するブログです。


by ノキオ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31